• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

USI

USI
¥ 330,000 SOLD OUT
title:USI
artist:Atsuhiro Ito / 伊東篤宏
year:2006-2012
media:Mixed media / ミクストメディア
size:90 × 75 × 27.5 cm

*本作品は受注制作となるため、作品発送まで1か月程度かかります。
*完成作品は掲載写真と若干異なる可能性がありますので、ご了承の上ご購入ください。

1965年生まれの伊東篤宏は、1992年に多摩美術大学大学院美術研究科を修了し、1990年代より蛍光灯を素材としたインスタレーションをはじめました。主な展覧会に「六本木クロッシング / New Visions Contemporary Japanese Art 2004」(2004/森美術館)、個展「V.R.」(2009/原美術館)、個展「Paint & Collage Works 2010」(2010/NADiff a/p/a/r/t)などがあります。また、98年からはインスタレーション作品と同素材である蛍光灯を使用した 自作”音具”「オプトロン」によるサウンド・パフォーマンスを開始します。様々なジャンルのパフォーマーたちと共演・コラボレーションをおこなうと同時に、「シンガ ポール アーツ フェスティバル 2010」(2010/Supperclub シンガポール)や「NJP SUMMER FESTIVAL 21ROOMS」(2011/Nam June Paik Art Center 韓国)など、世界各国から数多くの招聘を受けています。

伊東篤宏の表現活動において、欠かす事のできないマテリアルとして「蛍光灯」があります。伊東は1990年代より、蛍光灯それ自体を中心にすえ作品を制作してきました。初期は、ライトボックス型パネルなどを使った平面作品でしたが、徐々に外枠や構造体を省くことでミニマル化し、98年には蛍光灯そのものを素材とした音具「オプトロン」を制作するに至ります。「オプトロン」を使ったパフォーマンに取り組むようになったのも、この頃です。蛍光灯が発光するときに放電されるノイズを増幅/コントロールすることで放出される音と光の激しい明滅で構成されるパフォーマンスは、観る者の視覚と聴覚を強烈に刺激します。視覚に訴える初期のインスタレーション作品から、「オプトロン」が制作されたことにより、視覚行為に加え聴覚という新たな感覚を喚起させることとなったのです。蛍光灯というきわめて日常的なモノが、通電することで発光し電磁ノイズを放出する、場合によっては凶器にもなりうる「オプトロン」という音具へと転換されることへの違和感とダイナミズム、そして我々の内にある未知の感覚が広がることで得られる開放感と刺激は、伊東作品だけがもつ特質です。

*Since this work is made to order, it will take about a month to ship the work.
*Please note that the final artwork may differ slightly from the photo shown.

Atuhiro Ito, an artist and OPTRON player born in 1965, graduated from Tama Art University Master's Degree Course in 1992. Ito launched his career as a visual artist in the late ’80s, and in 1998 began presenting sound performances all over the world with his own made instrument called “optron” which produces noises from the electrical discharge of a fluorescent light. The music played on optron is a repetition of intense flickers of light and noises and it stimulates and attacks our visual and auditory senses.

His major exhibitions include “Roppongi Crossing”(2004 / Mori Art Museum), solo exhibition “V.R.”(2009 / Hara Museum) and solo exhibition “Paint & Collage Works 2010”(2010 / NADiff a/p/a/r/t). Ito also performs extensively worldwide, including "NJP SUMMER FESTIVAL 21ROOMS" (Nam June Paik Art Center, Korea, 2011) and "Singapore Arts Festival 2010” (Supperclub, Singapore, 2010). In addition to his solo exhibition and performance projects, Ito participates in a number of musical units, from rock to jazz band, sound performers and dancers.


for more information :
http://snowcontemporary.com/artist/ito_atsuhiro.html

Please do not proceed with the payment if you live outside Japan.
Please let us know the address to be shipped and contact "snow@officekubota.com" for the estimate of the shipment fee.
title:USI
artist:Atsuhiro Ito / 伊東篤宏
year:2006-2012
media:Mixed media / ミクストメディア
size:90 × 75 × 27.5 cm

*本作品は受注制作となるため、作品発送まで1か月程度かかります。
*完成作品は掲載写真と若干異なる可能性がありますので、ご了承の上ご購入ください。

1965年生まれの伊東篤宏は、1992年に多摩美術大学大学院美術研究科を修了し、1990年代より蛍光灯を素材としたインスタレーションをはじめました。主な展覧会に「六本木クロッシング / New Visions Contemporary Japanese Art 2004」(2004/森美術館)、個展「V.R.」(2009/原美術館)、個展「Paint & Collage Works 2010」(2010/NADiff a/p/a/r/t)などがあります。また、98年からはインスタレーション作品と同素材である蛍光灯を使用した 自作”音具”「オプトロン」によるサウンド・パフォーマンスを開始します。様々なジャンルのパフォーマーたちと共演・コラボレーションをおこなうと同時に、「シンガ ポール アーツ フェスティバル 2010」(2010/Supperclub シンガポール)や「NJP SUMMER FESTIVAL 21ROOMS」(2011/Nam June Paik Art Center 韓国)など、世界各国から数多くの招聘を受けています。

伊東篤宏の表現活動において、欠かす事のできないマテリアルとして「蛍光灯」があります。伊東は1990年代より、蛍光灯それ自体を中心にすえ作品を制作してきました。初期は、ライトボックス型パネルなどを使った平面作品でしたが、徐々に外枠や構造体を省くことでミニマル化し、98年には蛍光灯そのものを素材とした音具「オプトロン」を制作するに至ります。「オプトロン」を使ったパフォーマンに取り組むようになったのも、この頃です。蛍光灯が発光するときに放電されるノイズを増幅/コントロールすることで放出される音と光の激しい明滅で構成されるパフォーマンスは、観る者の視覚と聴覚を強烈に刺激します。視覚に訴える初期のインスタレーション作品から、「オプトロン」が制作されたことにより、視覚行為に加え聴覚という新たな感覚を喚起させることとなったのです。蛍光灯というきわめて日常的なモノが、通電することで発光し電磁ノイズを放出する、場合によっては凶器にもなりうる「オプトロン」という音具へと転換されることへの違和感とダイナミズム、そして我々の内にある未知の感覚が広がることで得られる開放感と刺激は、伊東作品だけがもつ特質です。

*Since this work is made to order, it will take about a month to ship the work.
*Please note that the final artwork may differ slightly from the photo shown.

Atuhiro Ito, an artist and OPTRON player born in 1965, graduated from Tama Art University Master's Degree Course in 1992. Ito launched his career as a visual artist in the late ’80s, and in 1998 began presenting sound performances all over the world with his own made instrument called “optron” which produces noises from the electrical discharge of a fluorescent light. The music played on optron is a repetition of intense flickers of light and noises and it stimulates and attacks our visual and auditory senses.

His major exhibitions include “Roppongi Crossing”(2004 / Mori Art Museum), solo exhibition “V.R.”(2009 / Hara Museum) and solo exhibition “Paint & Collage Works 2010”(2010 / NADiff a/p/a/r/t). Ito also performs extensively worldwide, including "NJP SUMMER FESTIVAL 21ROOMS" (Nam June Paik Art Center, Korea, 2011) and "Singapore Arts Festival 2010” (Supperclub, Singapore, 2010). In addition to his solo exhibition and performance projects, Ito participates in a number of musical units, from rock to jazz band, sound performers and dancers.


for more information :
http://snowcontemporary.com/artist/ito_atsuhiro.html

Please do not proceed with the payment if you live outside Japan.
Please let us know the address to be shipped and contact "snow@officekubota.com" for the estimate of the shipment fee.

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
Customers can choose the shipping method at time of purchase.
  • 佐川急便

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 7,000JPY
  • 配送不可

    Shipping Fees are the same in all countries outside Japan ¥ 90,000
title:USI
artist:Atsuhiro Ito / 伊東篤宏
year:2006-2012
media:Mixed media / ミクストメディア
size:90 × 75 × 27.5 cm

*本作品は受注制作となるため、作品発送まで1か月程度かかります。
*完成作品は掲載写真と若干異なる可能性がありますので、ご了承の上ご購入ください。

1965年生まれの伊東篤宏は、1992年に多摩美術大学大学院美術研究科を修了し、1990年代より蛍光灯を素材としたインスタレーションをはじめました。主な展覧会に「六本木クロッシング / New Visions Contemporary Japanese Art 2004」(2004/森美術館)、個展「V.R.」(2009/原美術館)、個展「Paint & Collage Works 2010」(2010/NADiff a/p/a/r/t)などがあります。また、98年からはインスタレーション作品と同素材である蛍光灯を使用した 自作”音具”「オプトロン」によるサウンド・パフォーマンスを開始します。様々なジャンルのパフォーマーたちと共演・コラボレーションをおこなうと同時に、「シンガ ポール アーツ フェスティバル 2010」(2010/Supperclub シンガポール)や「NJP SUMMER FESTIVAL 21ROOMS」(2011/Nam June Paik Art Center 韓国)など、世界各国から数多くの招聘を受けています。

伊東篤宏の表現活動において、欠かす事のできないマテリアルとして「蛍光灯」があります。伊東は1990年代より、蛍光灯それ自体を中心にすえ作品を制作してきました。初期は、ライトボックス型パネルなどを使った平面作品でしたが、徐々に外枠や構造体を省くことでミニマル化し、98年には蛍光灯そのものを素材とした音具「オプトロン」を制作するに至ります。「オプトロン」を使ったパフォーマンに取り組むようになったのも、この頃です。蛍光灯が発光するときに放電されるノイズを増幅/コントロールすることで放出される音と光の激しい明滅で構成されるパフォーマンスは、観る者の視覚と聴覚を強烈に刺激します。視覚に訴える初期のインスタレーション作品から、「オプトロン」が制作されたことにより、視覚行為に加え聴覚という新たな感覚を喚起させることとなったのです。蛍光灯というきわめて日常的なモノが、通電することで発光し電磁ノイズを放出する、場合によっては凶器にもなりうる「オプトロン」という音具へと転換されることへの違和感とダイナミズム、そして我々の内にある未知の感覚が広がることで得られる開放感と刺激は、伊東作品だけがもつ特質です。

*Since this work is made to order, it will take about a month to ship the work.
*Please note that the final artwork may differ slightly from the photo shown.

Atuhiro Ito, an artist and OPTRON player born in 1965, graduated from Tama Art University Master's Degree Course in 1992. Ito launched his career as a visual artist in the late ’80s, and in 1998 began presenting sound performances all over the world with his own made instrument called “optron” which produces noises from the electrical discharge of a fluorescent light. The music played on optron is a repetition of intense flickers of light and noises and it stimulates and attacks our visual and auditory senses.

His major exhibitions include “Roppongi Crossing”(2004 / Mori Art Museum), solo exhibition “V.R.”(2009 / Hara Museum) and solo exhibition “Paint & Collage Works 2010”(2010 / NADiff a/p/a/r/t). Ito also performs extensively worldwide, including "NJP SUMMER FESTIVAL 21ROOMS" (Nam June Paik Art Center, Korea, 2011) and "Singapore Arts Festival 2010” (Supperclub, Singapore, 2010). In addition to his solo exhibition and performance projects, Ito participates in a number of musical units, from rock to jazz band, sound performers and dancers.


for more information :
http://snowcontemporary.com/artist/ito_atsuhiro.html

Please do not proceed with the payment if you live outside Japan.
Please let us know the address to be shipped and contact "snow@officekubota.com" for the estimate of the shipment fee.
Report