• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

Tagging

Tagging
¥ 660,000
title:Tagging
artist:Makoto Murata / 村田 真
year:2011
media:oil on canvas / キャンバスに油彩
size:112 x 194 cm

村田真は『ぴあ』編集者を経て美術ジャーナリストとして長らく活躍し、「美術家になるには」(2002/なるにはBOOKS)、「アートのみかた」(2010/BankART)、「いかに戦争は描かれたか」(2017/BankART 1929)など多数の著書を出版、朝日新聞や北海道新聞に美術評を書くかたわらBankARTスクール校長を務め、長年に渡り日本の美術界に大きく貢献してきました。
美術に関する書き手としてはよく知られている村田ですが、作家としての制作も同時に再開したのは15年前になります。フェルメールの「画中画」を描くことから始め、高橋由一の「豆腐」を考察し、キャンバス自体を豆腐や焼き豆腐、油揚げに見立て描いた「豆腐絵画」や、キャンバスを画集そのものに仕立てオリジナルに酷似した装丁を描いてみせた『画集』・『絵画芸術』シリーズなどの作品を発表。絵画史を引用したユーモラスな作品群は、美術ジャーナリストとして長年作品を客観的に批評してきた村田ならではのユニークな視点によって制作されています。

「ファン・エイクからジャクソン・ポロックまで、50余人の名高い画家のサインを書き重ねたもの。サインは画集などから採取。黒はフランス、赤はイタリア、青はオランダ+ベルギー、黄色はドイツ語圏と色分けした。ポロックで終わっているのは、それ以降の画家がほとんどサインを書かなくなったから。タイトルの「タギング」とは、グラフィティ用語でライターのコードネームを記すこと(タグは「商標」)。それによって名を広く知らしめると同時に、ナワバリを主張するマーキングの意味もある。さて、展覧会に行くと、絵そのものより作者名ばかり見ている人がいる。その人にとって絵とは画家の代名詞にすぎないのかもしれない。」(村田真)


Makoto Murata has worked actively as an art journalist after serving for PIA as an editor and was in charge of "Van Gogh" and "Vermeer" issue of Seiyo-kaiga no kyosho (Masters of Western Painting) series (Shogakukan). He also published Bijutsuka ni naruniwa (How to Become an Artist) (2002, Naruniwa BOOKS) and Cloer Perspectives on Art (2010, BankART), collecting his exhibition reviews published on a web magazine "artscape" for a decade since 1999. He currently serves as the principal at BankART School along with writing art reviews on the Asahi Shimbun and the Hokkaido Shimbun Press. He has made significant contributions to the art world in Japan over years.

While known as a journalist from the critic side, Murata restarted making his own works as an artist 12 years ago, three decades after his graduation from an art college. He started his artistic activity with painting Vermeer’s “picture in picture.” Since then, he has presented works such as “Tofu Painting” where he used the canvas itself to resemble a tofu, a grilled tofu or a deep-fried bean curd after examining “Tofu” by Yuichi Takahashi, and the “Series of Great Masters” and the “Art of Painting” series, where he painted covers of art books on the canvas to resemble the books themselves. Murata creates works by referring to art history from his unique perspective as an art journalist who has critiqued art works in an objective way for years.


for more information :
http://snowcontemporary.com/exhibition/201807.html


Please do not proceed with the payment if you live outside Japan.
Please let us know the address to be shipped and contact "snow@officekubota.com" for the estimate of the shipment fee.
title:Tagging
artist:Makoto Murata / 村田 真
year:2011
media:oil on canvas / キャンバスに油彩
size:112 x 194 cm

村田真は『ぴあ』編集者を経て美術ジャーナリストとして長らく活躍し、「美術家になるには」(2002/なるにはBOOKS)、「アートのみかた」(2010/BankART)、「いかに戦争は描かれたか」(2017/BankART 1929)など多数の著書を出版、朝日新聞や北海道新聞に美術評を書くかたわらBankARTスクール校長を務め、長年に渡り日本の美術界に大きく貢献してきました。
美術に関する書き手としてはよく知られている村田ですが、作家としての制作も同時に再開したのは15年前になります。フェルメールの「画中画」を描くことから始め、高橋由一の「豆腐」を考察し、キャンバス自体を豆腐や焼き豆腐、油揚げに見立て描いた「豆腐絵画」や、キャンバスを画集そのものに仕立てオリジナルに酷似した装丁を描いてみせた『画集』・『絵画芸術』シリーズなどの作品を発表。絵画史を引用したユーモラスな作品群は、美術ジャーナリストとして長年作品を客観的に批評してきた村田ならではのユニークな視点によって制作されています。

「ファン・エイクからジャクソン・ポロックまで、50余人の名高い画家のサインを書き重ねたもの。サインは画集などから採取。黒はフランス、赤はイタリア、青はオランダ+ベルギー、黄色はドイツ語圏と色分けした。ポロックで終わっているのは、それ以降の画家がほとんどサインを書かなくなったから。タイトルの「タギング」とは、グラフィティ用語でライターのコードネームを記すこと(タグは「商標」)。それによって名を広く知らしめると同時に、ナワバリを主張するマーキングの意味もある。さて、展覧会に行くと、絵そのものより作者名ばかり見ている人がいる。その人にとって絵とは画家の代名詞にすぎないのかもしれない。」(村田真)


Makoto Murata has worked actively as an art journalist after serving for PIA as an editor and was in charge of "Van Gogh" and "Vermeer" issue of Seiyo-kaiga no kyosho (Masters of Western Painting) series (Shogakukan). He also published Bijutsuka ni naruniwa (How to Become an Artist) (2002, Naruniwa BOOKS) and Cloer Perspectives on Art (2010, BankART), collecting his exhibition reviews published on a web magazine "artscape" for a decade since 1999. He currently serves as the principal at BankART School along with writing art reviews on the Asahi Shimbun and the Hokkaido Shimbun Press. He has made significant contributions to the art world in Japan over years.

While known as a journalist from the critic side, Murata restarted making his own works as an artist 12 years ago, three decades after his graduation from an art college. He started his artistic activity with painting Vermeer’s “picture in picture.” Since then, he has presented works such as “Tofu Painting” where he used the canvas itself to resemble a tofu, a grilled tofu or a deep-fried bean curd after examining “Tofu” by Yuichi Takahashi, and the “Series of Great Masters” and the “Art of Painting” series, where he painted covers of art books on the canvas to resemble the books themselves. Murata creates works by referring to art history from his unique perspective as an art journalist who has critiqued art works in an objective way for years.


for more information :
http://snowcontemporary.com/exhibition/201807.html


Please do not proceed with the payment if you live outside Japan.
Please let us know the address to be shipped and contact "snow@officekubota.com" for the estimate of the shipment fee.

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
Customers can choose the shipping method at time of purchase.
  • 佐川急便

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 7,000JPY
  • 配送不可

    Shipping Fees are the same in all countries outside Japan ¥ 90,000
title:Tagging
artist:Makoto Murata / 村田 真
year:2011
media:oil on canvas / キャンバスに油彩
size:112 x 194 cm

村田真は『ぴあ』編集者を経て美術ジャーナリストとして長らく活躍し、「美術家になるには」(2002/なるにはBOOKS)、「アートのみかた」(2010/BankART)、「いかに戦争は描かれたか」(2017/BankART 1929)など多数の著書を出版、朝日新聞や北海道新聞に美術評を書くかたわらBankARTスクール校長を務め、長年に渡り日本の美術界に大きく貢献してきました。
美術に関する書き手としてはよく知られている村田ですが、作家としての制作も同時に再開したのは15年前になります。フェルメールの「画中画」を描くことから始め、高橋由一の「豆腐」を考察し、キャンバス自体を豆腐や焼き豆腐、油揚げに見立て描いた「豆腐絵画」や、キャンバスを画集そのものに仕立てオリジナルに酷似した装丁を描いてみせた『画集』・『絵画芸術』シリーズなどの作品を発表。絵画史を引用したユーモラスな作品群は、美術ジャーナリストとして長年作品を客観的に批評してきた村田ならではのユニークな視点によって制作されています。

「ファン・エイクからジャクソン・ポロックまで、50余人の名高い画家のサインを書き重ねたもの。サインは画集などから採取。黒はフランス、赤はイタリア、青はオランダ+ベルギー、黄色はドイツ語圏と色分けした。ポロックで終わっているのは、それ以降の画家がほとんどサインを書かなくなったから。タイトルの「タギング」とは、グラフィティ用語でライターのコードネームを記すこと(タグは「商標」)。それによって名を広く知らしめると同時に、ナワバリを主張するマーキングの意味もある。さて、展覧会に行くと、絵そのものより作者名ばかり見ている人がいる。その人にとって絵とは画家の代名詞にすぎないのかもしれない。」(村田真)


Makoto Murata has worked actively as an art journalist after serving for PIA as an editor and was in charge of "Van Gogh" and "Vermeer" issue of Seiyo-kaiga no kyosho (Masters of Western Painting) series (Shogakukan). He also published Bijutsuka ni naruniwa (How to Become an Artist) (2002, Naruniwa BOOKS) and Cloer Perspectives on Art (2010, BankART), collecting his exhibition reviews published on a web magazine "artscape" for a decade since 1999. He currently serves as the principal at BankART School along with writing art reviews on the Asahi Shimbun and the Hokkaido Shimbun Press. He has made significant contributions to the art world in Japan over years.

While known as a journalist from the critic side, Murata restarted making his own works as an artist 12 years ago, three decades after his graduation from an art college. He started his artistic activity with painting Vermeer’s “picture in picture.” Since then, he has presented works such as “Tofu Painting” where he used the canvas itself to resemble a tofu, a grilled tofu or a deep-fried bean curd after examining “Tofu” by Yuichi Takahashi, and the “Series of Great Masters” and the “Art of Painting” series, where he painted covers of art books on the canvas to resemble the books themselves. Murata creates works by referring to art history from his unique perspective as an art journalist who has critiqued art works in an objective way for years.


for more information :
http://snowcontemporary.com/exhibition/201807.html


Please do not proceed with the payment if you live outside Japan.
Please let us know the address to be shipped and contact "snow@officekubota.com" for the estimate of the shipment fee.
Report