• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

JUMBO SUZUKI / ジャンボスズキ

貞操観音
貞操観音
title:貞操観音 artist:Jumbo Suzuki / ジャンボスズキ year:2020 media:oil on canvas / キャンバス油彩 size:H 46 × W46 cm 1980年生まれのジャンボスズキは、2007 年名古屋造形大学美術学科卒業後、2008 年「VOCA 展」 (上野の森美術館)、2010 年「TDW-ARTジャラパゴス展」(Tokyo Designers Week / 明治神宮外苑絵画館前)、2011 年「Art in an Office」(豊田市美術館)等数々のグループ展に出品し、着実に力をつけてきたペインターです。 ジャンボスズキの作品は、容易には読み取る事が出来ない不可思議さに満ちています。一枚のキャンバスの中に、物質的・空間的・時間的に何ら関係性を持たない「モノ」たちが共存しています。単色で塗られた色彩を背景に、不可思議なモノがあちこちに配置されている上、そのモノの中にはそれぞれに質感の異なる「何か」が描きこまれているのです。しかもそのほとんどにおいて、形状はあるべき質感を備えていません。我々が認知する「物質」の概念を裏切り微妙にずれて成立しているが故に感じる形状と質感の組み合わせの奇妙さ・唐突さは、観る者に感覚的な居心地の悪さを引き起こします。また、なぜそれらが同一画面上に描かれているのかを理解するのに必要なヒントとなる媒介物が存在していないので、鑑賞者は自然に、ジャンボスズキの絵を読み解こうと自身の創造力や感性、記憶を呼び覚ますことになるのです。 ジャンボスズキは自身の制作プロセスについて、こう語っています。「小学生の頃、漢字ドリルが大嫌いでした。お手本をなぞって繰り返すのが苦痛でした。予備校生の頃、静物デッザンが苦手でした。形が取れず失敗ばかりしていました。どうやら、目の前に正解をおかれると、どうにも手が出しづらいのだと思います。今もそれは変わらないのですが、頭の中に正解を置いてしまうと、一転して描くのが楽しくなります。曖昧な記憶を元に想像した物は、刻々と変化していき、忠実に再現しようとすればする程、絵が思わぬ方向に進んで行くからです」。ジャンボスズキは、あくまで自由に自らの記憶と創造力、感覚をたよりに、ひたすら自身の頭に浮かぶそのイメージをたどり、時にはイメージ同士を連想させながら、彼独自の世界を創りあげているのです。絵画ならではの世界の見え方や広がりの可能性、絵画の豊かさと愉悦を存分に体感ください。 Jumbo Suzuki’s work is full of mysteries and cannot be comprehended easily. All the “things” are coexisting in one painting regardless of the questions of materiality, space and time. Against a uniform and monochrome background, not only mysterious “things” are set here and there, but a different texture is painted inside these “things”, and for most of the cases, the form does not match with the texture as it should do. Jumbo Suzuki’s work seems slightly off-set and betrays the principle of “substance” as we all know it. The abruptness and the queerness of this combination of textures and forms contain something sinister and provoke a somehow uncomfortable feeling in the perception of the viewer. Moreover, as there is no intermediate or medium to give the observer a hint about how to understand why those things are painted on a same surface, naturally we try to search our own memories and to use our imagination and perceptions in order to read the work. for more information : http://snowcontemporary.com/artist/jumbo_suzuki.html Please do not proceed with the payment if you live outside of the EMS transportable area (https://www.post.japanpost.jp/int/ems/country/all_en.html). Please let us know the address to be shipped and contact "snow@officekubota.com" first for the estimate of the shipment fee. Import duties and taxes may be applied upon customs clearance into your country. In such cases, the recipient of the item will be responsible for those fees. Please pay these costs directly to the delivery agents or the customs office upon delivery. Additionally, taxes and duties differ by country. Please contact the customs office in your country for details.
¥ 88,000
 
untitled
untitled
title:untitled artist:Jumbo Suzuki / ジャンボスズキ year:2020 media:oil on canvas / キャンバス油彩 size:H46 × W38 cm 1980年生まれのジャンボスズキは、2007 年名古屋造形大学美術学科卒業後、2008 年「VOCA 展」 (上野の森美術館)、2010 年「TDW-ARTジャラパゴス展」(Tokyo Designers Week / 明治神宮外苑絵画館前)、2011 年「Art in an Office」(豊田市美術館)等数々のグループ展に出品し、着実に力をつけてきたペインターです。 ジャンボスズキの作品は、容易には読み取る事が出来ない不可思議さに満ちています。一枚のキャンバスの中に、物質的・空間的・時間的に何ら関係性を持たない「モノ」たちが共存しています。単色で塗られた色彩を背景に、不可思議なモノがあちこちに配置されている上、そのモノの中にはそれぞれに質感の異なる「何か」が描きこまれているのです。しかもそのほとんどにおいて、形状はあるべき質感を備えていません。我々が認知する「物質」の概念を裏切り微妙にずれて成立しているが故に感じる形状と質感の組み合わせの奇妙さ・唐突さは、観る者に感覚的な居心地の悪さを引き起こします。また、なぜそれらが同一画面上に描かれているのかを理解するのに必要なヒントとなる媒介物が存在していないので、鑑賞者は自然に、ジャンボスズキの絵を読み解こうと自身の創造力や感性、記憶を呼び覚ますことになるのです。 ジャンボスズキは自身の制作プロセスについて、こう語っています。「小学生の頃、漢字ドリルが大嫌いでした。お手本をなぞって繰り返すのが苦痛でした。予備校生の頃、静物デッザンが苦手でした。形が取れず失敗ばかりしていました。どうやら、目の前に正解をおかれると、どうにも手が出しづらいのだと思います。今もそれは変わらないのですが、頭の中に正解を置いてしまうと、一転して描くのが楽しくなります。曖昧な記憶を元に想像した物は、刻々と変化していき、忠実に再現しようとすればする程、絵が思わぬ方向に進んで行くからです」。ジャンボスズキは、あくまで自由に自らの記憶と創造力、感覚をたよりに、ひたすら自身の頭に浮かぶそのイメージをたどり、時にはイメージ同士を連想させながら、彼独自の世界を創りあげているのです。絵画ならではの世界の見え方や広がりの可能性、絵画の豊かさと愉悦を存分に体感ください。 Jumbo Suzuki’s work is full of mysteries and cannot be comprehended easily. All the “things” are coexisting in one painting regardless of the questions of materiality, space and time. Against a uniform and monochrome background, not only mysterious “things” are set here and there, but a different texture is painted inside these “things”, and for most of the cases, the form does not match with the texture as it should do. Jumbo Suzuki’s work seems slightly off-set and betrays the principle of “substance” as we all know it. The abruptness and the queerness of this combination of textures and forms contain something sinister and provoke a somehow uncomfortable feeling in the perception of the viewer. Moreover, as there is no intermediate or medium to give the observer a hint about how to understand why those things are painted on a same surface, naturally we try to search our own memories and to use our imagination and perceptions in order to read the work. for more information : http://snowcontemporary.com/artist/jumbo_suzuki.html Please do not proceed with the payment if you live outside of the EMS transportable area (https://www.post.japanpost.jp/int/ems/country/all_en.html). Please let us know the address to be shipped and contact "snow@officekubota.com" first for the estimate of the shipment fee. Import duties and taxes may be applied upon customs clearance into your country. In such cases, the recipient of the item will be responsible for those fees. Please pay these costs directly to the delivery agents or the customs office upon delivery. Additionally, taxes and duties differ by country. Please contact the customs office in your country for details.
¥ 88,000
 
Avocado Shrimp / アボカドシュリンプ
Avocado Shrimp / アボカドシュリンプ
title:Avocado Shrimp / アボカドシュリンプ artist:Jumbo Suzuki / ジャンボスズキ year:2020 media:oil on canvas / キャンバス油彩 size:H35 × W45.4 cm 1980年生まれのジャンボスズキは、2007 年名古屋造形大学美術学科卒業後、2008 年「VOCA 展」 (上野の森美術館)、2010 年「TDW-ARTジャラパゴス展」(Tokyo Designers Week / 明治神宮外苑絵画館前)、2011 年「Art in an Office」(豊田市美術館)等数々のグループ展に出品し、着実に力をつけてきたペインターです。 ジャンボスズキの作品は、容易には読み取る事が出来ない不可思議さに満ちています。一枚のキャンバスの中に、物質的・空間的・時間的に何ら関係性を持たない「モノ」たちが共存しています。単色で塗られた色彩を背景に、不可思議なモノがあちこちに配置されている上、そのモノの中にはそれぞれに質感の異なる「何か」が描きこまれているのです。しかもそのほとんどにおいて、形状はあるべき質感を備えていません。我々が認知する「物質」の概念を裏切り微妙にずれて成立しているが故に感じる形状と質感の組み合わせの奇妙さ・唐突さは、観る者に感覚的な居心地の悪さを引き起こします。また、なぜそれらが同一画面上に描かれているのかを理解するのに必要なヒントとなる媒介物が存在していないので、鑑賞者は自然に、ジャンボスズキの絵を読み解こうと自身の創造力や感性、記憶を呼び覚ますことになるのです。 ジャンボスズキは自身の制作プロセスについて、こう語っています。「小学生の頃、漢字ドリルが大嫌いでした。お手本をなぞって繰り返すのが苦痛でした。予備校生の頃、静物デッザンが苦手でした。形が取れず失敗ばかりしていました。どうやら、目の前に正解をおかれると、どうにも手が出しづらいのだと思います。今もそれは変わらないのですが、頭の中に正解を置いてしまうと、一転して描くのが楽しくなります。曖昧な記憶を元に想像した物は、刻々と変化していき、忠実に再現しようとすればする程、絵が思わぬ方向に進んで行くからです」。ジャンボスズキは、あくまで自由に自らの記憶と創造力、感覚をたよりに、ひたすら自身の頭に浮かぶそのイメージをたどり、時にはイメージ同士を連想させながら、彼独自の世界を創りあげているのです。絵画ならではの世界の見え方や広がりの可能性、絵画の豊かさと愉悦を存分に体感ください。 Jumbo Suzuki’s work is full of mysteries and cannot be comprehended easily. All the “things” are coexisting in one painting regardless of the questions of materiality, space and time. Against a uniform and monochrome background, not only mysterious “things” are set here and there, but a different texture is painted inside these “things”, and for most of the cases, the form does not match with the texture as it should do. Jumbo Suzuki’s work seems slightly off-set and betrays the principle of “substance” as we all know it. The abruptness and the queerness of this combination of textures and forms contain something sinister and provoke a somehow uncomfortable feeling in the perception of the viewer. Moreover, as there is no intermediate or medium to give the observer a hint about how to understand why those things are painted on a same surface, naturally we try to search our own memories and to use our imagination and perceptions in order to read the work. for more information : http://snowcontemporary.com/artist/jumbo_suzuki.html Please do not proceed with the payment if you live outside of the EMS transportable area (https://www.post.japanpost.jp/int/ems/country/all_en.html). Please let us know the address to be shipped and contact "snow@officekubota.com" first for the estimate of the shipment fee. Import duties and taxes may be applied upon customs clearance into your country. In such cases, the recipient of the item will be responsible for those fees. Please pay these costs directly to the delivery agents or the customs office upon delivery. Additionally, taxes and duties differ by country. Please contact the customs office in your country for details.
¥ 88,000